FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オクトパス保持の仕方

トリトンでは「器材をブラブラしない運動」を積極的に取り組んでいます。
皆さんはダイビング中、オクトパスをどのように保持していますか(^^)?
ほとんどの方がBCDのホースホルダーに取り付けていると思います。
しかしそのホルダーにホースをただ取り付けているだけでは、
潜っている最中、ホースが伸びてしまい、結局はぶらぶらしていることになります。
これではあまり意味がありません(>_<)
aw_brbr.jpeg


そこでいくつかアイデアをご紹介します。

まず2010年度以降のアクアラングのオクトパスはホースの根本にホースガード(黒)が付いています。
PC220125.jpg

このホースガードを手前にずらすと下記のようなスペース(金属部分)が生まれます。
PC220124.jpg

そこにホースホルダーを取り付けると、潜っている最中もズレたりせず、
いい感じで保持できます(^^)
PC220127.jpg



次に下記のようにホースを折り曲げてホルダーに保持する方法もあります。
これだとズレる心配はありません。
ただゲージ用にもう一つホースホルダーを準備しなくてはなりませんが…
PC220128.jpg



アクアラングのプロQDのように、BCDのタイプによってはオクトパスポケットが付いているものもあります。
PC220129.jpg

このようにポケットに入れて保持できるので、大変便利です。
このタイプのBCDをお持ちの方はぜひご利用下さい。
ただその場合、オクトパスをファーストステージの右に付け変えなければいけません。
(日本では左付けが一般的)
希望するメンバーの方はレギュをショップにお持ちください(^^)
PC220133.jpg



他にもオクトパスを保持する専用のアクセサリー器材はたくさんあります。
それらを利用して保持するのも、もちろんありです。
0210030000022.jpeg



とにかく器材をブラブラしながら泳ぐと、
サンゴなどの水底の生物を傷つけたり、また器材自体が壊れたりします。
水の抵抗も強くなるので、推進力が落ちます。
潜る前にしっかり保持を…
地球にやさしいダイビングを心がけましょう(^^)
スポンサーサイト

 | HOME | 

カレンダー

« | 2019-06 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近のニュース一覧

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

トリトンスタッフ

トリトンスタッフ

私たちトリトンスタッフが当ブログにてトリトンの最新情報をお届けします。
携帯からもご覧になれます。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。